-

ロウケツ染めができるまで


(1)何を染めたいか? 

(2)白生地選び 

 
 

(3)図柄を決める



(4)地色、およびさし色を決める 



(5)手法(ロウのみ・ゴム糸目使用)を決める 



(6)図案作り 

(7)画室にてロウかゴム糸目でガラス台の上に図柄をのせ、その上に布をのせて (ガラス台の下の蛍光灯により図柄を布に描きやすくする)

(8)色作り

  1. さし色用…さした後、ロウ伏せ―地染
  2. 地色用…地染

(9)さし色。→7と9をくり返したり、あるいはシンプルに作成したりする。

(10)地染め

(11)外注

  • ムシ―色を固定させる
  • ドライ―ロウ、ゴムなどを落とす
  • 水洗―余分な染料などを洗い落とす
  • ゆのし―巾をととのえ、仕上げる


(12)金・銀・金箔など、好みに応じて描く